温故知新 ~サヌキとアワのサトリ~

相似象のサヌキとアワの紹介です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ミを入れる』 生き方の実行について 1

 「ミを入れる」 という コトバの物理イミは、 我々の「生物脳」の感受性の感覚器官が、例えば我々の
何かを見ると、見たもののが、目の網膜にうつり、瞬時に「ミ」の電気粒子となって、知覚神経を通って
「生物脳」の神経細胞のアマナに入る。 (これが「ミをいれる」ということである。)

 それから、「ミをいれた」ことで、アマナの中に、既に、生まれた時から (胎児 ・ 新生児期) 経験して
入力し蓄積してある「ミ」との照合(検索)が起き、そのどれかの 「ミ」と、今入れた 「ミ」との電気的な
共振作用が起きる。 (これが二つの粒子の重合フトである。つまり、今 見たものが何か と、)
前のものを検索して「あった!」フト (判断がついた)というところである。



スポンサーサイト


  1. 2014/09/17(水) 00:00:00|
  2. 『ミをいれる』 生き方の実行について
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。