温故知新 ~サヌキとアワのサトリ~

相似象のサヌキとアワの紹介です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

後書 (純粋の贈り物を捧げる気持ちで) 34

 人間の大脳の発達は、「性」 に関しても、他の動物には無い正・反の方向性を持つようになった。

(人間以外のものは、天然自然の 「順序」(ルール) 以外の生き方はしない。)

 即ち 「正」 とは、マイナスエントロピーの性の栄養と、プラスエントロピーの性行為を併せて、

天然の自然サを失わぬ延長線上 に、人間独自の 高度の精神性 を加えて、<フトマニの

サトリ>
 を 開発するまでに至った 方向である。

 これに対し 「反」 とは、人類の脳の発達が 精神的向上性を伴わずに、ひたすら 欲望の追求

と満足の為に
 働かされた結果、生物としての自然サを失ったものであり、この方向も開発の極限

にまで至っている。(前者は 「Y方向」 を基準とするものであり、後者は 「ワイセツ」 と呼ばれる

ものである。 )




スポンサーサイト


  1. 2013/12/16(月) 00:00:00|
  2. サヌキ・アワ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。